詐欺被害・トラブル対処法

悪質アダルトサイトの詐欺被害

国民生活センター発表の情報によると、アダルトサイトの相談が年間で10万件を突破したらしい。

 

悪質サイトと優良(有料)サイト、金をとるという点に関しては同様だが、両者の違いは明白である。
優良サイトはビジネスとして成立しているが、悪質サイトはバレたら捕まるレベルの詐欺行為。

 

金を払う意思を示していないのにも関わらず、詐欺的に登録されてしまう悪徳サイト。
無料でエロ動画を楽しむつもりで、入会しようなどカケラも思っていなくとも、気付いたら登録されてしまっている。
例えば“18歳以上はクリック”みたいなボタンを押してしまった途端に、いかがわしい請求画面が表示され、この画面を消したければ料金を支払えと脅してくる手口は定番。

 

そして、金額が全然違う。悪徳サイトが請求してくる料金は法外。
スマートフォンをいじっていたら、いつの間にかアダルトサイトに登録してしまい、9万円を請求されるというケースなどは有名なので一度は聞いたことがあるのではないだろうか。

 

何年も前からある手口だが、未だ被害は後を絶たない。
つい最近、元u-turn土田の息子も、これに似たような被害に遭ったという。
土田晃之 次男がスマホの架空請求の相手に電話をしてしまい激怒

 

 

優良サイトは、クレジットカード番号を入力するなど、登録の意思を示さない限りは課金されないし、30日で$20とか料金もリーズナブル。
クレカ番号を打ち込むのが不安な場合でも、銀行振込みや電子マネー、コンビニ決済などに対応しているサイトも多い。
とにかく、こちらから手続きを踏まない限り会員登録されることはない。

 

だから、初めから少しばかりの出費を覚悟して有料(優良)サイトの会員になってしまった方が、よほど安心だし安全だし、結果的に安くて高画質なエロ映像を堪能しまくれるというわけだ。

詐欺的サイトの被害に遭ったときの対処法

こういった類の詐欺サイト被害に遭ったらどうするか。対処法は、実にシンプル。
とにかく完全無視すること。こう書くと簡単そうに思えてしまうが、実際には焦って業者に連絡をとってしまったりするケースも多いらしい。

 

特に、請求画面が消せない場合などはビビってしまうだろう。なにしろアダルトサイトを閲覧していたわけだし、誰にも相談できなかったりもする。
それでも、まずは冷静になって無視し続けなければならない。
スマートフォンの場合、初期化すれば画面は消せるらしい。
パソコンの場合も、画面の消し方はググると色々と出てくるので、まずは自分で試してみるのも良いだろう。
警視庁のページでは「システムの復元」を使用する方法が紹介されている。

 

IPアドレスやスマートフォンの個体識別番号等が表示されていたりすると、更に焦ってしまったりする。
でも、よく考えてみると本名や住所、電話番号等が表示されたのならともかく、IPアドレス知られて困ることって何?
住所などが知られたのなら、それを使って脅してくるはず。相手が入手できた最高レベルの個人情報がIPアドレスということだ。放っておいても問題ないだろう。

 

登録を取り消す方法を探そうとして、同詐欺サイト内で余計なボタンなどをクリックしてしまったりすると、相手に連絡してしまい支払いを強要されたり個人情報を知られてしまう恐れもあるらしい。悪質なサイトとわかったら、徹底して無視することが重要。

 

最近の詐欺サイトは巧妙で、画面をスクロールさせないと見えない位置に利用規約や有料である旨が、読みにくい色の小さな字で書かれていたりすることもある様子。その場合でも、閲覧者が申し込み内容を容易に確認・訂正できるようにしておらず、契約が成立しているとは言えないし、無視してしまって問題ないだろう。

 

インターネットの普及により、パソコン操作を誤ったりすることによる消費者トラブルが増えていることを背景にした、電子消費者契約法という法律があると聞く。
電子商取引などにおける消費者の操作ミスの救済などを定めているとのこと。
それによると、事業者が消費者に対して申込み内容の確認を求める確認画面を設けていない場合には、申込みの無効を主張することができるらしい。
本人の意思に反して会員登録されたサイトとの間には契約が成立していないので、料金を支払う義務はないということだ。

 

◇ 詳しくは消費生活センターへ

 

http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

 

◇警察庁のインターネットトラブル関連ページ(参考)

 

http://www.npa.go.jp/nettrouble/index.htm